岩田 桃楠(いわた ももくす)

平成5年大阪府出身。両親が音楽家という環境に生まれ、幼少より様々なジャンルの音楽に触れて育つ。小学三年生(9歳)の時に、テレビでアニメ「NARUTO-ナルト-」を見ている時に津軽三味線の音に出会い、衝撃を受ける。さっそく母に「津軽三味線をやりたい」と伝えたところ、民謡の先生だった曾祖母の三味線が家にあり、すぐに先生について習い始めることに。2012年、東京藝術大学音楽学部に合格したのを機に活動拠点を東京へ。大学では長唄三味線を学ぶ。また、藝大在学中に、早稲田大学の“三津巴”という津軽三味線の愛好会に参加。上京後の演奏活動をきっかけに、ももいろクローバーZの桃神祭出演や紅白歌手である伊藤多喜雄氏のバックバンドに抜擢されたほか、中東の国・オマーンと日本の国交樹立40周年記念式典に招かれ、オマーンに一週間ほど滞在して国王や国賓の前で演奏。この滞在中に、“三津巴”メンバーであった澤田響紀と意気投合し、津軽三味線デュオ「桃響futari」を結成する。桃響futariは第36回津軽三味線世界大会団体の部にて優勝、2017年2月には1stアルバム『桃響futari』をリリースしている。現在は、桃響futariのほか、藝大仲間とのトリオ「AOI」や、サックスをフィーチャーしたユニットなど、ジャンルレスなスタイルで、精力的に国内外で活動。三味線音楽の古典や津軽民謡はもちろん、クラシック、ジャズ、ロック、ポップス、ダンスミュージックなど、様々な現場で演奏を行っている。2018年8月4日にドレミ楽譜出版社より、本人による演奏解説や特別インタビューも含む楽譜集「津軽風アレンジで楽しむ三味線ソロ曲集」(模範演奏CD付き)を発売。同書はAmazonランキング三味線関連部門で1位を獲得。